専門家詳細情報


更新日 2018/04/01
氏名 横山 哲志(よこやま さとし)
生年 1959年
開業した年 2012年
事務所所在地 東京都千代田区
事務所名 アトラス国際特許事務所
事務所URL
専門・得意分野
  • 従来技術の組み合わせと思われるような開発技術の内容でも、当該内容を多方面から分析して特徴を抽出し、権利化(特許権化)することが得意。弊方が筆頭代理人を務めるベンチャー企業は、特許登録率が100%及びこれらの特許を活用した大手企業との技術提携等の実績が認められて平成23年度の知財功労賞(特許庁長官賞)受賞。
  • 埋もれた発明の発掘や、上記分析に基づく、主に、機械装置、制御関係の特許明細書作成。
  • 抽出した技術の特徴に基づく、強み、弱みの内部分析、機会、脅威の外部分析(SWOT分析)
  • 上記分析に基づく、他社の状況を踏まえたマーケティング(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)。
  • 侵害判定、鑑定。
助言実績①(直近3件) (製造業)
開発製品に関して、他社の特許権に対する侵害鑑定を行い、侵害の可能性が生じる旨を報告すると共に侵害回避策を提案し、特許権侵害を未然に防止。
助言実績②(直近3件) (製造業)
当初は、客先より特許性がないと思うので実用新案でどうかという打診があった案件を、発明の内容を精査し、新たな発明要素を発掘して特許出願し、その後、早期審査を経て一発登録。
特許第4724781号
助言実績③(直近3件) (研究開発ベンチャー業)
過去に拒絶査定となり新規性が失われた案件を、提携企業との契約の関係で何とか権利化したいとの要望を受け、発明の内容を多角的に検討し直して再出願を提案し、登録査定。
特許43989514号
過去3回のRCE(継続審査請求)を経ても権利化ができなかった米国特許案件を引き継ぎ、米国代理人が来日した際に直に説明し、その結果、権利化。
米国特許第7504179号
主な資格・免許
※カッコ内は取得年
  • 弁理士(2002年)
  • TOEIC 780点
  • 英検準1級
著書・研究論文等
  • 地中線用幹線選択真空開閉器(横浜みなとみらい地区の地下電源設備)の開発に対して関東電気協会優秀発明賞受賞(1989年)
  • 配電作業ロボットシステムに関するIEEE学会発表(複数年度で米国から招待され発表)(1990年、1994年)
主な職歴
  • 電力系統技術部(システムエンジニア、セールスエンジニア-12年勤続)
  • ロジスティック部(仕分け装置、郵便処理装置に関するマーケティング-5年勤続)
専門家リストへ

PAGE TOP

© 2012-2020一般社団法人東京工業団体連合会 All Rights Reserved.